清潔さを保てるサニタリーボックスをレンタルしよう

店舗や事務所のトイレに使用するサニタリーボックスをレンタルしたいと思ったときに、皆様の会社などではどんなものを導入したいと思うでしょうか。汚れが付きにくく臭いが残りにくいものがいい、トイレが狭いので小さめで高性能の物が欲しいなど、状況によってニーズはさまざまです。

ただ、サニタリーボックスを導入するのは初めてでどんなものが良いか分からない、さまざまなものを一目で比較したいなどと考えている方もいるのではないでしょうか。当サイトでは、そのような悩みを持つ方たちのためのサニタリーボックスの基本情報や特徴などの情報を掲載しています。

当サイトの情報を見ればおおよその比較ポイントが分かり、どれをレンタルすれば良いのかということが分かるでしょう。そのトイレに合うサニタリーボックスを用意することは、そこで暮らしたり働く人達の衛生面からの環境改善や、来客などへの気配りといった面で非常に大事です。

日本カルミック

POINT

タッチレスなので誰にでも使うことができます。
二次感染のリスクを抑えることが可能です。
女性の目線で開発されています。

日常生活において、トイレはとても重要な場所です。日本カルミックは、サニタリーボックスのレンタルをしています。サニタリーボックスは、二次感染のリスクを抑える機能が付いているので、必要性が高まっています。

内部が見えない構造になっているので、使いやすいです。レンタルをしても、定期的に回収をして洗浄をしているので、衛生面を保つことができます。また、タッチレスということもあり触らずに使用することが可能です。

メンテナンスの内容は、レンタルをするときに分かりやすく説明をしてくれます。法人向けのレンタルもしているので、製品の一覧表を確かめて、問い合わせをしてください。

リースキン

POINT

ワンランク上のサニタリーボックスです。
コンパクトな本体で置場を選びません。
定期的にスタッフが訪問し清掃してくれます。

商業施設などの女性用トイレにはサニタリーボックスが設置されていますが、このレンタルを検討される方はリースキンがお勧めとなります。ここでは手をかざすとフタが自動開閉する衛生面で優れた仕様となっています。

またコンパクトな本体ですので個室の手すりの下などにも設置する事が可能です。更には消臭剤と別売りの専用消臭袋を使用して臭いを取除けます。そしてレンタルスタッフが定期訪問して本体の洗浄除菌を行ってくれます。

問合せはメールで24時間受付しており、平日9時から17時30分までフリーコールでも対応しています。またサイトでは無料見積りや資料請求、サービスの申込みが可能です。

株式会社メリ・テック

POINT

自動開閉のセンサーが付いています。
投入口が大きいので使いやすいです。
大容量なので大人数でも使えます。

オフィスなどは、大人数が作業をしているので、トイレの衛生面が気になります。株式会社メリ・テックは、様々な種類のサニタリーボックスのレンタルをしています。サイズは、大容量ですし、自動開閉のセンサーも付いているので、機能面が充実しています。

破損をしても、無料で交換をしています。また、定期的にゴミ袋の回収や消臭剤を納品しているので、長期間に渡って、使い続けることができます。センサーもすぐに感知しますし、ブースが狭くても、保管することが可能です。

使用方法は、簡単です。センサーに反応したら、すぐに閉まるので、安心してください。開閉時の音も静かで周囲に迷惑をかけるようなことはありませんし、アフターケアも充実しています。

株式会社クリーン・マット

POINT

自社で販売品の工場生産を行っています。
工程で発生する汚水を自社敷地内で処理しています。
徹底した効率化と同時に高品質化を実現しています。

株式会社クリーン・マットは昭和50年に創立、昭和54年に設立された会社で、本社は長崎県の長崎市の田中町で活動しています。本社以外では工場と長崎支店が本社と同じ町内で、それ以外では福岡に1支店、営業所は九州に5か所存在しています。

会社の受付時間は平日の9時から夕方の18時までで、土休日は定休日です。会社の主な事業内容はトイレ関連や清掃用品、浄水器などの販売やレンタルなどで、それの一環として女性の生理用品を廃棄するためのサニタリーボックスのレンタルも扱っています。

このサニタリーボックスはフタが自動開閉することで、フタを手で開け閉めしないで済むので、手が汚れずに済むし、ボックス内が見えない、そして薬剤管理で悪臭が充満しないようになっています。

ロマン産業株式会社

POINT

ノンタッチ式なので衛生的です。
女性でも安心して使い続けることができます。
消臭剤があるのでサービスの対応が優れています。

トイレは、汚れが目立ってしまいますが、ロマン産業株式会社のサニタリーボックスを使用すれば、いつでも衛生面を確保することができるので、便利です。また、消臭剤のサービスもしているので、迅速に対応しています。

商品は、ノンタッチ式です。また、月々のレンタル料金も安いので、長期間に渡って、使い続けることができます。サニタリーボックスの他にも、便座とセットになっているものや、クリーナーなど個性的なものも充実しています。

コンパクトなものが多いので、スペースが狭くても使えます。シートクリーナーは、除菌や消臭効果があります。スプレー式のものもあって、快適な空間を保つことができます。

LIXILリニューアル

POINT

衛生面に配慮したサニタリーボックスです。
定期的にクリーニングを実施してくれます。
問合せはメールで24時間受付しています。

オフィスのトイレを快適で清潔に保つために、サニタリーボックスのレンタルサービスを利用検討される方は、LIXILリニューアルのサイト活用がお勧めです。ここでは手をかざすとフタが自動開閉するサニタリーボックスの利用が可能です。

そしてLIXILリニューアルではレンタルにしますと、定期的にクリーニングを行いますので、コストを抑えると共に常に清潔な状態を保ちながら利用を行えます。レンタルに関する相談や問合せはメールで24時間対応しています。

また電話での問合せは、定休日の水日祝以外の営業時間内に受付していますので便利です。LIXILリニューアルの効果的な利用で、清潔な空間づくりと維持管理コスト低減を図る事が可能です。

トイレにサニタリーボックスを設置するつもりでいるなら

何かしらの施設を経営していて、女性トイレにサニタリーボックスを設置したいなら、ぜひとも購入よりもレンタルを検討してみると良いでしょう。確かに、購入できるだけの資金的な余裕があるなら、それが1番です。ただ、レンタルにも、それ相応のメリットがあります。優秀でサービスが充実しているレンタル業者にお願いをすれば、レンタルした後のアフターメンテナンスなどもしっかりと行ってもらうことができるでしょう。長く使い続けて、清潔に保ちたいと感じているなら、やはりその手のアフターフォローは、ぜひとも受けておいた方が賢明です。それに、購入するよりも、短期間であればかなりコストパフォーマンスよく使うことができます。どちらにしても、まずは優秀な業者をピックアップする必要があるでしょう。

今までサニタリーボックスをレンタルしたことが無いなら、実際にレンタルしたことがある人の体験談などに着目し、その上で業者を吟味することが大事だといえます。地元で活躍している業務用商品レンタル業者に心当たりがあるなら、そちらに声をかけてみるのも1つの有効的な手段です。ただ、せっかく調べるのであれば、全国規模で調べた方が良いでしょう。インターネットを有効活用することで、全国各地で活躍している業務用商品レンタル業者をピックアップすることができます。サニタリーボックスを取り扱っている業者をいくつかピックアップして、ホームページを確認するのが妥当な流れです。ホームページを調べてみると、取り扱っているサニタリーボックスの種類、そして料金等といった、必要な情報を全て調べることができるでしょう。

特に注目しておきたいのが料金です。こちらの予算内で特定のサニタリーボックスをレンタルできるかどうか、それを把握しておくことが重要となります。言うまでもなく料金設定に関しては業者によって大きく異なるので気をつけておきましょう。いくつかの業者の料金設定をチェックしてから比較をすることが大事です。見比べることによって、どこの業者でサニタリーボックスをレンタルすると、コストパフォーマンスの良い結果になるのか、そこに注目をすることが重要となります。業者選びで全てが決まると言っても過言ではないため、よく考えて選ぶようにしておきましょう。メンテナンスフォローがあるかどうかなども含めて、1つの要素だけではなく、総合的に業者を判断することが、業者を選ぶ上では重要となります。